美しい脚の組み方は、そのままエクササイズになる。

2019年2月15日 カテゴリー:トレーニング動画,変形性膝関節症,<姿勢> 記事執筆者:堤 和也

脚を組むことが悪い訳じゃない。



「脚を組む」


というと、



横柄に見える


とか、

背骨・骨盤が歪む


とか、

姿勢が悪い


などとあまり良いイメージを持っていない人が多そうですが、



見た目の印象も、
身体にとっても、
良し悪しは組み方次第。



うまく組むことができればほら、
それはすでに身体を整える歴(れっき)としたエクササイズになります。





脚組みがそのままエクササイズに。






ガニ股、O脚、変形性膝関節症の方や
ゴルフのスイングなどで外へ力が逃げてしまいやすい方にも、

この脚を組むエクササイズはオススメ。



脚を組むときに大切なこと



脚を組むときに大切なことは、


・自分が脚を組んでいることに気がついていること



・組む脚を適宜変えること

(同じ組み方ばかりでは、姿勢を崩し、背骨を歪めます)

・骨盤、背骨がどのような状態か認識できること

(脚の付け根が開いたまま、背骨を丸くするような姿勢で長時間いると腰を痛めやすくなります。)


主にこの3つ。



脚が綺麗に組めることは、

大人の女性の嗜み


のひとつ。




スネとスネを寄せるだけで、

内腿を締めるトレーニング


となり、

見た目もスリムな脚に変わります。




さらに手と脚を巻きつけて、

そのまま立ち上がれば、ヨガで言うところの

イーグルのポーズ


に変身。



イーグルのポーズ






全身を内側へ締めて、

軸を強める効果があります。




イーグルのポーズで苦戦している方も、
まずは座った状態で脚を組むところから始めてみてはいかが?



カラダと姿勢・動きをデザインする。
カラダ Design Lab.
カラダデザインラボ
堤 和也

@滋賀県大津市石山・瀬田


新店舗住所:滋賀県大津市大萱1丁目9−8 S' space 5階