「コリ」といえば、
肩こりや、首こり、腰こりなどを思い浮かべる方が多いと思います。

コリが生じてくると、その部分が
・だるくなったり、
・重くなったり、
・張った感じがしたり、
・押さえると気持ち良かったり、痛かったり、
様々な症状として感じるようになりますよね。



そもそもこの「コリ」とはどのような状態かわかりますか?



専門的な用語でいうと、「筋肉の異常収縮(緊張)状態」と表現することができます。

本来、筋肉(随意筋)は自らの意思で力を入れたり、抜いたりできるはずなのですが、「力が入ったままの状態から意図的に力を抜くことができなくなっている」と考えると良いかと思います。



では、なぜこのようなコリが生じてくるのでしょうか?



多くの場合、
・姿勢を保つために、同じ筋肉ばかりを働かせすぎている
・動作時にいつも同じ部分の筋肉ばかりを使っている
・精神的な緊張が常に強いられている
等といったことが原因として挙げられます。

このような状態があまりにも長く続くと、
今度はコッている状態に対して違和感を感じなくなり、コリにすら気づけなくなる場合もあるので注意が必要です。

筋肉に力が入っている状態が、自然な状態だとすでに脳が認識してしまっているのですね。


また、このようなコリは、冒頭に挙げたような「肩」や「首」、「腰」だけに生じるものではありません。
ふくらはぎや太もも、足裏、腕、手のひらなど全身のあらゆる部分で生じるものなのです。




コリが引き起こすカラダの動きにくさ



先ほどコリは筋肉の異常収縮状態だと書きましたが、この異常収縮状態が動きにどのように関わってくるのかを考えてみましょう。

筋肉の異常収縮状態、つまり力が入った状態から抜け出せない状態のままだと、
例えば、
凝り固まった筋肉を伸ばそうとする場面では、
筋肉に力が入った状態のままなのでスムーズに延びませんよね。
すなわちこれは関節の可動域の制限になります。
つまり柔軟性が低い、身体が硬いといった状態です。

次に筋肉に力を入れて、筋力を発揮する場面を考えてみましょう。
筋肉に力がすでに入った状態からさらに筋肉を収縮させて、力を発揮しようとするのでうまく力が発揮されません。
つまり、筋力の低下、筋力が効率的にうまく発揮できないといった状態です。



コリをなくすだけでも動きやすさは倍増する



ではどのような状態が、筋肉が最も効率的に働けるのかというと、
触れるとふにゃふにゃに柔らかく、押さえてみても特に気持ちよくも、痛みもないような状態です。
(激しい運動を行う直前などはこの限りではありません。日常生活レベルでお考えください。)

無駄な力が入っていない筋肉は、伸ばそうと思えばスムーズに伸びてくれますし、力を入れようとすれば、その筋収縮をすぐに動きに変えることができるので筋力も高まります。


よく鍛えられたカチカチの筋肉を触れて「ええ筋肉してるな〜」と言ってしまいがちですが(昔の私がそうでした)、これが意図的に力を入れた状態であればカチカチで問題ないのですが、力を入れていない時までこのままだと非常に効率が悪く、痛みなどの症状を引き起こしたり、スポーツなどでは怪我にもつながることもあるのです。


ですので、柔軟性を高めようと思った場合には、ただ単に硬い筋肉をストレッチするだけでは不十分で、同時に筋肉を緩めることも考えていかなくてはなりません。



「コリ」をなくし、「柔軟性」を高めるために



カラダ Design lab.では、コリをなくし柔軟性を高めるために、施術を適宜行いながら、筋肉が緩んだ状態を保ちながら、ストレッチを効率的に行えるような方法で全身の柔軟性を高めていきます。

コリや柔軟性の低下を引き起こしている原因は、人によって様々です。
あなたのカラダにあった適切なアプローチを行なっていきますので、自分自身のカラダの状態とその改善方法を知りたい方は是非ご相談くださいね。