反り腰の原因は「胸椎の硬さ」にあり!?

2019年1月23日 カテゴリー:A-yoga,猫背を治す!,<姿勢>

姿勢を良くしようとして、腰を反りすぎてしまっている女性…たくさんいますよね。よく見ると、肩甲骨辺りの胸椎は丸まっていて猫背になっていませんか?胸椎の可動性が乏しくなると、その分腰で代償してしまう方がとっても多く、その多くは腰痛につながっていくのです。では、胸椎の反りを引き出すためのポイントはどこにあるのでしょうか?

筋機能を高める施術・トレーニングは、手・脚を細くする。

筋の柔軟性・伸張性だけでなく、筋膜の繋がりの状態、皮下脂肪を含む組織間での癒着の有無、浮腫み(むくみ)具合、セルライトの有無など局所的な状態は、普段どのような身体づかいをしているかを表しています。筋肉が適切に働ける環境を整えながら、動きの質を高めていくことで、身体そのものが変わっていきますよ。

筋肉に「ニート」と「ブラック企業社員」を作ってはいけない! <姿勢編>

2018年5月2日 カテゴリー:痛み,<姿勢>

「働くべきとき」と「働かなくてもよいとき」をしっかりとわきまえている。そんな筋肉の状態を作り上げることのできる『姿勢』があります。ここから外れてしまうと、筋肉が「ニート化」、「ブラック企業社員化」されるのです。なぜそのようなことが起こるのでしょうか?実際の姿勢の変化を確認しながら一緒に考えていきましょう!

見よ!これが95歳のスクワットだ!

「コーチ!ちょっと見て!私こんなことができるようになったの!」 「昨日テレビでみんながお相撲さん座りがいいって言ってたから、 私もできるかなと思ってやってみたらできたの!」「今までこんなこと一度もできなかったけども、何も持たずに5回も続けてできたのよ!」

足裏の魚の目・たこの痛みは、姿勢と歩き方で解決しなければならない!

2018年1月24日 カテゴリー:魚の目、たこ,<姿勢>,<歩く>

足裏にある『魚の目』、『たこ』の痛みにお悩みだった方が、姿勢と歩き方を適切な状態に変えるためのアプローチによって、「痛くて履けなかった靴がはけるように」なりました。姿勢や動きを見た目の問題以上に、身体そのものにも大きな影響を与えることを理解した上で、身体が変わっていくのを目の当たりにできるのは非常に嬉しいです♪

側弯症:「背中が強く曲がる前に会いたかった…」

2017年6月22日 カテゴリー:側弯症,<姿勢>

「背中が曲がる前に会いたかった…」この一言から気付かされたこと。側弯症であることに気づいた段階から、いち早く身体環境を整え、姿勢をよりよく変える術(すべ)を身につけていくための方法をお伝えしていくこと。その必要性を強く感じました。