【見よ!これが95歳のスクワットだ!】

「コーチ!ちょっと見て!私こんなことができるようになったの!」


「昨日テレビでみんながお相撲さん座りがいいって言ってたから、
私もできるかなと思ってやってみたらできたの!」









「今までこんなこと一度もできなかったけども、何も持たずに5回も続けてできたのよ!」








先日そんな番組が放送されていたのですね。


もともと両膝とも変形が強く、歩くときや立っているとき、立ち座りでも膝の痛みに悩んでおられた中でのこのスクワット。



カラダ Design Lab.で、スクワットそのものの練習を実施しているわけではなく、
椅子に腰掛けた状態で股関節を機能させるエクササイズにも励んでいます。




さらには、杖なしで300歩も家の中を歩くことができるようになりましたとのご報告♪


はじめは杖なしで歩くだけでも恐々(こわごわ)だったのが、

家の廊下を100歩、、、200歩、、ついに300歩に到達!




「もっと動けるようになりそうでこれからが楽しみ。」

「歳のことなんて忘れてしまっているわ。」






カラダを変えていくのに、年齢は関係ありませんね。


気づくのに早いも遅いもありません。

気づいたそのときが一番良いタイミングです。



カラダを変えていくときに必要なのは、

「明確な目標」 と、それを「達成したいという強い動機」




目標を達成するための道筋は、私たちがしっかりと立て、ご案内いたします。


「カラダを変えたい!」という方は是非、ご連絡くださいね♪





ー追伸ー

放送を見ていないので、なんとも言えませんが、
スクワットをすることが体に良いか悪いかは、その『動きの質』次第です。

闇雲にスクワットしてカラダを傷めないように気をつけてくださいね。


カラダと姿勢・動きをデザインする。
カラダ Design Lab.
カラダデザインラボ
堤 和也

@滋賀県大津市石山