新たな対象年齢の方に対するエクササイズで見えたこと。  @大津市大石

2015年4月29日 カテゴリー:講座

先日いつもの講座を受講していただいている方から依頼を受け、いつもの対象の方よりも年齢層の高い、75〜80歳台の方に対して「転ばないためのカラダづくり」というタイトルで簡単なエクササイズを実施させていただきました。

講座風景2
いつもよりも運動のレベルを落としてエクササイズに取り組んでみたつもりではあったのですが、やはりご高齢のためか少し難易度が高すぎたり、運動の方法がなかなか理解できなかったりと今までとはまた異なる難しさを感じた1日でした。
前回の記事で動機づけの重要性について書いたところですが、今回、運動を行うことの理由づけ以上に、その場だけでも楽しく運動に取り組み、普段なかなか動く機会のない方に動きたいと感じてもらえること、そこがポイントでした。

このような方々の運動に対する動機づけは、ただ単に運動の目的と効果の理解だけではなく、『楽しさ』という要素を取り入れることが非常に大切であると感じました。当日、最も盛り上がったのは、音楽に合わせてカラダを動かしたものでした。

新たなことに取り組むと、新たな課題が発見でき、自らを成長させられる一つのきっかけを与えてくれます。この学びを糧に、次回はより良いものが提供できそうです。