【脳卒中片麻痺の方:半年のリハビリで歩き方がここまで変わった!】

2018年11月8日 カテゴリー:脳卒中片麻痺

カラダ Design Lab.での、
およそ半年間に渡るリハビリでの歩き方の変化を比較してみました。


初めの杖をついて歩いている動画はカラダ Design Lab.に初めてお越しになられた時の歩き方、

そしてその後の杖をつかずに歩いている動画は、それから約半年に渡るリハビリ後の歩き方。


View this post on Instagram

【半年で歩き方がここまで変わった!】 ≪脳卒中右片麻痺≫ カラダ Design Lab.での、 およそ半年間に渡るリハビリでの歩き方の変化を比較。 初めてお会いしたときは、装具を外して歩くには杖が必須だったのが、 今では『杖も装具もない状態』でここまで歩けるところまでレベルアップ! 痙性もかなりコントロールされてきました。 まだまだ途中経過なので、 これからも進化が続きます。 いつか走れるようになる日を目指して。 #脳卒中 #脳出血 #脳梗塞 #片麻痺 #リハビリ #トレーニング #理学療法 #下肢 #装具 #下肢装具 #下肢麻痺 #体の使い方 #歩行 #独歩 #杖 #痙性 #筋緊張 #麻痺 #カラダDesignLab #滋賀 #大津 #石山 #石山商店街

Tsutsumi Kazuyaさん(@tsutsuwi)がシェアした投稿 –








初めてお会いしたときは、装具を外して歩くには杖が必須であり、

実用的な歩行ではなかったものが、

今では『杖も装具もない状態』でここまで歩けるところまでレベルアップ!



痙性もかなりコントロールされてきました。



まだまだ途中経過なので、
これからも進化が続きます。


いつか走れるようになる日を目指して。








病院だと下肢はPT(理学療法士)、上肢はOT(作業療法士)と分けられてしまいやすいですが、
カラダ Design Lab.では上肢にも下肢にも同時にアプローチすることで
全身を通して効率的な動きを作り上げていきます。


脳卒中による手・脚の麻痺でお悩みの方は是非ご相談ください。


動きの質を高めていくことで、今までよりも動きやすいカラダを手に入れましょう。


カラダと姿勢・動きをデザインする。
カラダ Design Lab.
カラダデザインラボ
堤 和也

@滋賀県大津市石山