【クチコミ】コーチから「最近カラダDesign Lab行けてますか?」とご指摘が。。。

スポーツ選手を目指している娘の体の使い方がいまいちで、なかなか上達しないのはなぜかと思ったときに、ご相談に行きました。そしたら、股関節周りとおしりの筋肉が使えていないので改善する必要があることを指摘いただきました。自宅で毎日できるエクササイズも教えてくださり、少しづつ体をうまく使えるようになってきたと思います。

開脚の柔軟性を高めるコツ

開脚の柔軟性を高めるには、膝を曲げた状態と伸ばした状態に分けて行なうと効果的。あとワンパターンなストレッチで終始するのではなく、動きの最終域で様々な動きをしてみるとなお良い。骨盤や背骨の動きと開脚に必要な柔軟性との繋がりが自然と見えてくるから。

完全に伸びない膝を伸ばそう!《その2》

新体操やバレエ、体操、チアダンス、フィギュアスケートなど、 審美系競技で指導者に指摘されることの多い、『膝(ひざ)の伸び』問題。3つの視点から解決への道を開いていきます。

【新体操・バレエ】甲出しに必要な動きのイメージとは?

ルルベの状態でしっかりと甲を出したり、足をきれいに伸ばしたりする際に必要な足の甲の柔軟性。甲を出す動きの中で、適切な動きをどのように引き出せば良いのか、そのヒントをお伝えします。

パンシェができるようになるための《動きのコツ》

パンシェができるようになるためには、支え脚・後ろ脚・上半身の3点をうまくコントロールできるようになる必要があります。その3点を自然と身につけていくための、トレーニングとしての動きの流れをご紹介します。

オンラインで前後開脚の柔軟性を高める!

カラダ Design Lab.オンラインサービスでは、あなたのカラダと目指す目標に合わせた最適なストレッチ方法もお伝えしています!今回は、新体操のバックルを獲得するために、前後開脚の柔軟性を高めるためのストレッチの方法をご指導。10日でここまで柔らかくなりました♪

【新体操】バックルを習得する上で考えないといけないこととは?

それは手足末端ではなく、骨盤を中心に据えて動きの引き出し方を考えるということ。骨盤から分岐する 1.支え脚、2.振り上げ脚、3.背骨に分けるとそれぞれに必要な機能が分かりやすく、骨盤を中心にこの3つの部分の動きを適切に引き出せるとそれだけでも手・脚が長く、大きく動かせるようになるのです。