【筋肉がなくても、動きの質が変われば『力』は発揮できる!】 @大津市大石

2018年6月26日 カテゴリー:講座

こんにちは。 カラダ Design Lab.代表の堤和也です。 さて、今月も大津市大石で開催されました、 「カラダ」と「動き」の若返りを目指すための身体づくり講座 のテーマは、 〜筋肉がなくても、動きの質が変われば『力』は発揮できる!〜 でした。 先月に身につけた「ゆるんだ身体」をベースに、 今までうまく使えていなかった筋肉をしっかりと使

【下半身の安定性を高めながら、上半身を自由に操るためのトレーニング】

2018年6月22日 カテゴリー:トレーニング動画,<スポーツ>

こんにちは。 カラダ Design Lab.代表の堤和也です。 先日、競走馬に乗られる方用に自主トレーニングメニュー表をお作りしたのですが、そのメニューを他の方でも正確に実施しやすくするために一部修正して、トレーニング動画を作成しました。 騎手(ジョッキー)等をはじめ、野球やテニス、バスケットボール、サッカー、ハンドボールなど様々な競技で、下半身を安定させながらも

【書籍紹介】ニール・シュービン著:ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト

2018年6月21日 カテゴリー:書籍紹介

生物が地球上に発生してから現在に至るまでの35億年を通した進化のなかで、 細菌から動物園・水族館などで出会う身近な生き物たちと、私達ヒトとのつながりが非常に深く理解できる著書。 化石研究(古生物学)から遺伝子研究(ゲノムサイエンス)、発生学、解剖学など様々な学問分野から、 「なぜヒトが今このようなカタチ(形態)をしているのか?」ということや、 「なぜ現代

店舗内レイアウトを変更しました!

2018年6月20日 カテゴリー:お知らせ・日々のこと

昨日、カラダ Design Lab.のレイアウトを少し変更しました! より広いスペースでカラダを動かせるようになりましたよ♪ そして、 【動きを通した身体調整コース[A-yoga]】 が新たにスタートします! 今まで感じたことのなかった身体の感覚。 考えたことのなかった意識の持ち方。 様々な動きを通して自身の

【書籍紹介】日本人は100メートル9秒台で走れるか

 カテゴリー:JARTA,書籍紹介,陸上競技

【日本人は100メートル9秒台で走れるか】 もう3年ほど前に読んだ深代千之氏の著書。 走るのに必要な身体機能をバイオメカニクスの視点から考察されており、SSC(Stretch Shortening Cycle)における筋腱複合体の動態を詳しく知ることの出来る良書。 私の所属するトレーナー団体である【JARTA】では、回旋系伸張反射であるRSSCの重要性が提唱されて

「外反母趾」・「内反小趾」の原因は身体の使い方にあった!?

2018年6月15日 カテゴリー:外反母趾・内反小趾

外反母趾、内反小趾と聞くと、多くの方が 『靴』 がその原因だと考えるのではないでしょうか? カラダと姿勢・動きをデザインする、 カラダ Design Lab.代表の堤和也です。 ちゃんと靴を選べば問題なし? 靴はどんどん進化しており、適切な靴選びが出来ていれば問題ないはず… しかし、靴のサイズや形状などに気をつけて、安物ではない少々高めのし

【滋賀県春季高校総体:陸上 インターハイ 2018】近畿大会出場おめでとう!

2018年6月7日 カテゴリー:側弯症,外反母趾・内反小趾,腰痛,陸上競技

もう半年以上、カラダ Design Lab.にお越し下さり、 コンディショニングに加え、トレーニングを継続して実施している高校3年生の陸上選手が、つい先日の【滋賀県春季高校総体】で最高の結果を残してきてくれました! 当初は走るときだけでなく、歩くときにも常に感じる【外反母趾の痛み】に対するケアとトレーニングから始まったものが、 足の機能を高め、親指が外を向く(外反母趾となる)

【自主トレーニングメニュー表の「値上げ」のお知らせ】

いつもカラダ Desgin Lab.をご利用いただきありがとうございます。 この度、今年8月から自主トレーニングメニュー表の値段を ¥1,000 → ¥3,500 に値上げさせていただくこととなりました。 店舗および店舗外でお仕事をさせていただく機会が増えてきており、 自主トレーニングメニュー表を多くの方に向けて、ゆっくりと時間をかけてお作りする時間を捻出

輝くママはカラダ美人♪  @草津 山田産婦人科

こんにちは。 カラダ Design Lab.のharukaです。 5月17日はママのためのメンテナンス講座<産後クラス>でした。 (写真を撮り忘れたので、前回の使い回しです...) 子育てに忙しいお母さんは自分のことは後回し。自分の時間なんてないのがあたりまえ。。。 そんなお母さんたちに自分自身の身体と向き合う時間を作ってほしい。 そんな思いからスタ