【歩幅(ストライド)を大きくするためのストレッチ】

大股で歩きましょうなんてよく言われますが、ただ脚を大きく拡げて歩けばいいわけではありません。 歩幅を大きくするために、押さえるべきポイントが色々あります。 なぜ、歩幅が大きくなったり、小さくなったりするのか? それは脚の長さだけで決まるようなものではなく、 カラダの使い方や全身の動きの連動性が大きく関係しています。 そんなカラダ使いを考慮した、

【書籍紹介】日本人は100メートル9秒台で走れるか

2018年6月20日 カテゴリー:JARTA,書籍紹介,陸上競技

【日本人は100メートル9秒台で走れるか】 もう3年ほど前に読んだ深代千之氏の著書。 走るのに必要な身体機能をバイオメカニクスの視点から考察されており、SSC(Stretch Shortening Cycle)における筋腱複合体の動態を詳しく知ることの出来る良書。 私の所属するトレーナー団体である【JARTA】では、回旋系伸張反射であるRSSCの重要性が提唱されて

【滋賀県春季高校総体:陸上 インターハイ 2018】近畿大会出場おめでとう!

2018年6月7日 カテゴリー:側弯症,外反母趾・内反小趾,腰痛,陸上競技

もう半年以上、カラダ Design Lab.にお越し下さり、 コンディショニングに加え、トレーニングを継続して実施している高校3年生の陸上選手が、つい先日の【滋賀県春季高校総体】で最高の結果を残してきてくれました! 当初は走るときだけでなく、歩くときにも常に感じる【外反母趾の痛み】に対するケアとトレーニングから始まったものが、 足の機能を高め、親指が外を向く(外反母趾となる)

【足の爪が綺麗に伸びない】とお悩みのあなたへ。

2017年12月14日 カテゴリー:外反母趾・内反小趾,足の爪,陸上競技

「足の爪が伸びにくい」 「爪が短い」 など生まれつきのものだと思っていませんか? これ、足指の使い方を変えることで 「爪が綺麗に伸びやすく」なる可能性があります。 そもそもなぜ爪の伸びが悪くなるのでしょうか? 「足指の使い方」の観点から考えてみましょう。 なぜ、足の爪が伸びなくなるの? 爪は通常このように生えていますよね。(私の足

運動会で一番になると、運動がもっと楽しくなる。

2017年10月1日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン,陸上競技

運動会シーズンですね! 歩き方を変えながら、同時に速く走れるようになるために トレーニングに取り組んでいる小学生の親御さんから 先日、 「運動会で見事一等賞になりました!」 との嬉しいご報告をいただきました♪ 「次はマラソン大会で一等賞を取る!!」 という新たな意気込みも♪ 周りのお友達の中で速く走れるようになると、 それだけで走る

種子骨障害を患った滋賀の陸上選手【種子骨だけを見ていても決して治らない!】

2016年10月1日 カテゴリー:種子骨障害,陸上競技

少し前になりますが、病院で種子骨障害と診断された陸上中距離の選手にお越しいただきました。 陸上競技では滋賀県内でトップレベルの成績を残している中学生です。 そんな中、種子骨の痛みから走ることができなくなり、 ついには歩くのにも痛みが出現、思うように歩けないような状況… カラダ Design Lab.に来るまでは、 接骨院での電気治療とマッサージのみ。 整形外科ではイ