サッカークリニック12月号:ドリブルの強化書

2018年12月9日 カテゴリー:JARTA,サッカー

先日この雑誌を見て、中野代表→JARTA→滋賀の認定トレーナー→堤和也にまで辿り着いてくれた、サッカー少年と親御さんが一緒にカラダ Design Lab.の門を叩いてくれました。

Dig(ディッグ):母趾球、股関節、上半身までの動きの連動性を高めるトレーニング

Dig(ディッグ)と名付けた、母趾球、股関節を中心に上半身までの動きの連動性を高めるためのトレーニング。外反母趾 や、O脚、 変形性膝関節症 など、歩き方の崩れを修正するのにも効果的です。

全国高校サッカー選手権滋賀予選 優勝おめでとう!

2017年12月6日 カテゴリー:サッカー

定期的にカラダの調整とトレーニングを継続している選手が全国大会を前に来てくれました。予選では痛みが続き、なかなか本来のプレーができていない中、全国大会で自分自身の持つ最大限のパフォーマンスを発揮できるようカラダを調整、トレーニングを実施しました。

「身体」と「動き」の劇的な変化を感じるサッカートレーニング

2017年4月12日 カテゴリー:サッカー

「身体」と「動き」が変わるようにトレーニングを組み立てるための考え方とその方法を実例をもとにご紹介します。ただの筋トレではないので、パフォーマンスがしっかりと高まりますよ。

動きの質が高まれば、痛みが再発しないだけでなくプレーが良くなる!

2017年3月7日 カテゴリー:サッカー

動きの質を高め、適切なケアを行うことで、今までのような痛みは出現しなくなる!以前にボールを蹴る時の意識の持ち方で、股関節の痛みが変わると言う記事を書きましたが、3ヶ月経った今も痛みが出現することなくプレーできているようです!さらには、今までようにカラダを固めることが減り、柔らかくボールが蹴れるようになったと。

『ボールを蹴る時の意識の持ち方』で付け根の痛みが変わる!

2016年12月10日 カテゴリー:サッカー,脚の付け根の痛み

サッカーでシュートを打つ時に、どのような意識を持っていますか? ボールの描く軌道ですか?ボールのスピードですか?いろいろなことを考えますよね。今回は「シュートを打つ時のカラダの使い方」に目を向けて、脚の付け根の痛みを改善させる方法を考えてみたいと思います。

脚の付け根の痛み(鼠径部痛)にお悩みの滋賀の高校サッカー選手

2016年10月19日 カテゴリー:サッカー,脚の付け根の痛み

シュートを打つ時、走る時に脚の付け根が痛む上に、股関節の前面に常に力が入った状態から抜け出せず、股関節が硬く曲がらない…そんな選手に対して実施した「お尻のストレッチ」の様々なバリエーションを写真でご紹介しながら、脚の付け根が痛む原因と対処法をご紹介していきます。