足関節脱臼骨折に対する理学療法  @栗東

2015/5/26に講師として発表させていただいた「足関節脱臼骨折に対する理学療法における臨床思考〜術後早期ROMの獲得からスポーツ復帰まで〜」の内容をご紹介します。足関節の機能解剖学的なところを踏まえた上での足関節の可動域改善から、正常歩行の獲得、スポーツ動作の獲得へ向けたアプローチについて考えてみましょう!

自主トレーニングメニュー表の作成にも力を入れています。

2015年5月9日 カテゴリー:<お知らせ>,<スポーツ>

クライアント様の各々のカラダの状態に合わせて、直接ご指導させていただいたオーダーメイドのエクササイズをA4用紙1枚程度にまとめて、ご希望の方にお渡ししています。

「内股姿勢」で膝を痛めたテニスプレーヤー

テニス以外にもバレーボールなどされている方でも多い、スクワット姿勢ではつま先が外を向き、膝が内を向く特徴的な姿勢。この姿勢で動き続けていると、膝の靭帯を痛めてしまいます。このような状況に対してカラダ Design Lab.ではどのように対処していくのかをご紹介していきます。