脚の付け根の痛み(鼠径部痛)にお悩みの滋賀の高校サッカー選手

2016年10月19日 カテゴリー:サッカー,鼠蹊部痛(脚の付け根の痛み)

シュートを打つ時、走る時に脚の付け根が痛む上に、股関節の前面に常に力が入った状態から抜け出せず、股関節が硬く曲がらない…そんな選手に対して実施した「お尻のストレッチ」の様々なバリエーションを写真でご紹介しながら、脚の付け根が痛む原因と対処法をご紹介していきます。

脳卒中片麻痺:退院後の5ヶ月で手の動きがここまで変わった!

2016年10月15日 カテゴリー:脳卒中片麻痺

初回来店時から5ヶ月に及ぶリハビリにより、日々の変化は小さくとも、その積み重ねによって大きな変化として見えるようになりました。どのような考えでどのようなリハビリに取り組んだのか、そしてその結果どのように変化したのかを動画と一緒にご紹介します。

腰痛への手術を生かすも殺すも全ては「姿勢・身体の使い方」次第。

2016年9月27日 カテゴリー:腰痛

今回は、・手術をすることによって身体にどのような変化が起こるのか?・手術の限界性と、手術を生かすも殺すも
全ては「姿勢」と「身体の使い方」次第であること・手術のいらないカラダを手に入れるために必要なことについて一緒に考えてみましょう!

筋トレで腰痛が改善されるという幻想

2016年9月21日 カテゴリー:腰痛

腰痛を改善させていく上でどのような取り組みによって、どのような状態を作り上げていく必要があるのか?を一緒に考えてみましょう!ただ腹筋・背筋鍛えればいいわけではありません。腰痛を解消させるために必要な柔軟性と、適切な筋トレの考え方をご紹介します。

腰痛を引き起こす「姿勢」と「腰に加わる力学的負荷」

2016年9月19日 カテゴリー:腰痛

今回の記事では姿勢がどのように腰痛に関わるのかを考えていきます。整形外科領域で生じる病態は、
「身体に加わる物理的な外力」と「身体内部の組織による応力」でほぼ説明がつきます。物理的な力が「一点に集中」すると、組織の破壊につながりますが、物理的な力は、姿勢と身体の使い方でいくらでも分散させられること知ってください。

ヘルニア、ぎっくり腰、脊柱管狭窄症による腰痛と力学的負荷の理解

2016年9月18日 カテゴリー:腰痛

今回は腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰(急性腰痛)、脊柱管狭窄症について、その原因を力学的な負荷から一緒に考えていきましょう。なんでもかんでも「歳のせい」と決めつけてしまわないで、その原因をはっきりと認識することが大切。原因がしっかりと分かれば、「未然に発症を予防」もしくは「悪化を予防」することが可能なのです!