【歩幅(ストライド)を大きくするためのストレッチ】

大股で歩きましょうなんてよく言われますが、ただ脚を大きく拡げて歩けばいいわけではありません。 歩幅を大きくするために、押さえるべきポイントが色々あります。 なぜ、歩幅が大きくなったり、小さくなったりするのか? それは脚の長さだけで決まるようなものではなく、 カラダの使い方や全身の動きの連動性が大きく関係しています。 そんなカラダ使いを考慮した、

運動会で一番になると、運動がもっと楽しくなる。

2017年10月1日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン,陸上競技

運動会シーズンですね! 歩き方を変えながら、同時に速く走れるようになるために トレーニングに取り組んでいる小学生の親御さんから 先日、 「運動会で見事一等賞になりました!」 との嬉しいご報告をいただきました♪ 「次はマラソン大会で一等賞を取る!!」 という新たな意気込みも♪ 周りのお友達の中で速く走れるようになると、 それだけで走る

【坂道を攻略!】上り坂と下り坂を走り抜けるために必要な身体の使い方

2017年9月9日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン

今日は昼間から外で坂道トレーニングを実施しました! 朝夕は涼しくなってきたものの、 昼間はまだまだ暑い。 久しぶりに大汗かきましたが、 気持ち良く走れましたね♪ 階段を一段飛ばしで上り、 落ちるように下った感覚を、 坂道でも再現する。 坂道を上る時には、 しっかりと斜面の方向へ身体を傾けながら、 お尻とハムストリングスが使えるよう

【京都マラソン出場への道③】 3回の取り組みでどう変わったのか?

2017年9月5日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン

さてここまででご紹介してきた方の走り方が 京都マラソンまでの3回の取り組みでどのように変化してきたのかをみていきましょう。 【前回までの記事】 →【京都マラソン出場への道①】 「痛くて走れない脚」と「つま先着地」 →【京都マラソン出場への道②】 「曲がり過ぎる膝」と「重心の大きな上下動」 今回の記事では、 ・実際にどのように動きが変わったのか? ・どのような取り組

【京都マラソン出場への道②】 「曲がり過ぎる膝」と「重心の大きな上下動」

2017年7月5日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン

なかなかマラソンの記事が書けずに申し訳ありません。 ようやくこの記事に時間が割けるようになりました。 【前回の記事】 →京都マラソン出場への道① 「痛くて走れない脚」と「つま先着地」 では、 「 身体よりも前方でつま先で着地するとスネの骨が前方へ倒れ、同時にふくらはぎの筋肉に過剰に力が入ることで、身体を前方へ進める動きに対してブレーキとなってしまう 」 ことにつ

【京都マラソン出場への道①】 「痛くて走れない脚」と「つま先着地」

去る平成29年2月19日に京都マラソンが開催されました。 ちょうどその1ヶ月前にカラダ Design Lab.にお越しになられ、 大会出場、完走を目指した取り組みを実施したその経過をお伝えしたいと思います。 (かなり長文になるかと思いますので、記事を数回に分けてお届けします。) 痛くて走れる状態ではなかった両脚 もともとあった両脚の痛みが、目標としてきた京都マ

速く走れるようになりたい! 【走り方を変えることでどのような変化が起こったのか?】

カラダ Design Lab.で走り方をはじめ、 その他体操の競技能力を高めるための身体づくり、動きづくりを実施している方がおられます。 今回はその中でも、
 ・走るときの意識の持ち方、
 ・走るのに必要な身体の使い方
 を身につけることで、 どのような変化が起こったのかをお伝えしていきたいと思います♪ 元々、つま先を使ってピョンピョンと跳ねるよう

瀬田川の畔(ほとり)でランニング指導!

2017年3月25日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン

本日はお越しいただいたお客様と一緒に、瀬田川の畔(ほとり)を走りました♪ マラソンで膝と股関節を傷めながらも、 これからもまだまだ走り続けるために。 そして生涯でのフルマラソン目標タイムを達成するために。 カラダ Design Lab.で身体の調整を行いながら、 ランニングフォームの改善を図っています。 もともとのランニングフォームが引き起こした

山道を走り抜くための カラダの「ケア」とカラダの「使い方」③「足首・腰の使い方」編  @京都

2015年10月27日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン,講座

前回の続きです。 今回で最終回になります。 前々回の記事 →山道を走り抜くためのカラダの「ケア」とカラダの「使い方」①:カラダの「ケア」編 前回の記事 →山道を走り抜くための カラダの「ケア」とカラダの「使い方」②:「膝・足首の使い方」編 今回は
 ・トレイルランで痛めやすい部位となぜ痛めやすくなるのか?
 ・痛めにくくするためのカラダの使い方
 を「足首の続き」と「腰」

山道を走り抜くための カラダの「ケア」とカラダの「使い方」②:「膝・足首の使い方」編  @京都

2015年10月22日 カテゴリー:マラソン・トレイルラン,講座

前回の続きです。

 (前回の記事→山道を走り抜くためのカラダの「ケア」とカラダの「使い方」①:カラダの「ケア」編) 今回は
 ・トレイルランで痛めやすい部位となぜ痛めやすくなるのか?
 ・痛めにくくするためのカラダの使い方
 を「膝」と「足首」についてまとめてみます。
 CONTENTS ・トレイルランで痛めやすい「膝」と「足首」 ・大腿四頭筋への過剰な負担が膝を