【テニス練習会にカラダレッスン講師として参加させていただきました!】 @矢橋帰帆島(草津)

2018年4月14日 カテゴリー:テニス

去る4月7日、草津の矢橋帰帆島のテニスコートにて、 スグハルさん主催のテニス練習会にカラダレッスン講師として参加させていただきました! ご参加くださった皆様ありがとうございました! 今回はウォーミングアップの導入編ということで、 カラダ Design Lab.が作成した、 「テニスのパフォーマンスを高める10min.ウォーミングアップ」 の方法とその目的を理解し

【ガット張替え専門店「スグハル」さんにお邪魔してきました!】 @草津

2018年3月19日 カテゴリー:テニス

先日、こちらのブログでもご紹介していた 『テニスのパフォーマンスを高める10min.ウォーミングアップ』のパンフレット をお持ちさせていただきました♪ 店主の横田さんと、ガットの張替えに来ていた高校生に特別に、パンフレットだけでは伝えられない部分(プレーとのつながり、何を意識しながら行うのか等)まで詳しくお伝えしながら実際に体験していただきました。 お二人ともテ

【テニスのパフォーマンスを高める10min. ウォーミングアップ】 パンフレットを無料でプレゼント!

2018年3月14日 カテゴリー:テニス,<スポーツ>

テニスは、学校での部活動だけでなく休日や、仕事終わりの時間帯など、小学生くらいから中高年の方まで、男女ともに幅広い年代の方が楽しんでおられますよね。 カラダ Design Lab.のある石山駅近くにも瀬田川を挟んだ反対側にテニスコートがありますし、 仕事で行く機会の多い大津市大石にもたくさんのテニスコートがあります。 よくテニスコートの横を通りがかるのですが、 そのプレ

テニスのサーブ・ストロークの質を高める! (肘の痛みが教えてくれたこと。)

2017年2月24日 カテゴリー:テニス,痛み

現在、肘の尺骨神経溝での尺骨神経の脱臼により、 テニスのプレー中に肘の痛みが出現する方に継続してお越しいただいております。 痛みの出現する動作としては主に、 ・サーブ と ・フォアハンドストローク さて、何をどのように変えていけば良いのでしょうか。 テニスのサーブ・ストロークの質を高める! 前腕の回内(手のひらを内にひねる動き

テニスでの痛みを解消したいだけだったのが、定期的に通い続けることでカラダに進化が起こる!

20年以上のテニス歴をお持ちの50代の男性の方からのお声です。 

カラダ Design Lab.にお越しいただいている頻度がそれほど多いわけではありませんが(状態に応じて2週〜1ヶ月に1回程度)、継続的にお越しくださり、その都度カラダが変化していくのを感じていただけています。 

先日、カラダ Design Lab.に通う様になってから今までの間でどのような変化があったのかを思い出し

サーブをするときの肩の痛みを、「動きを変えて」改善させる! 

2015年7月3日 カテゴリー:テニス,痛み

先日、サーブ時の肩の痛みを訴えておられるテニスプレーヤーの方にお越しいただきました。 もう20年以上のテニス歴をお持ちの方です。 ラケットを後方へ振り上げる時の痛み、振り切った時の肩の抜けそうな感覚をお持ちでサーブが打てないとお困りでした。
 動きを確認し、触診を行っていると肩の回旋筋腱板(肩関節を捻ったりするのに働く幾つかの小さな筋肉)が非常に硬く、肩甲骨は下方回旋位(下内側へ

内股姿勢は膝を痛める!〜膝の痛みを抱えたテニスプレーヤー〜

2015年5月6日 カテゴリー:テニス,痛み

本日は、テニス中だけではなく日常生活でも膝を捻るような動作時に出現する膝の痛みを抱えている50歳台男性の方にお越しいただきました。 膝が内を向く特徴的な姿勢 徒手検査にて両膝内側の靭帯(内側側副靭帯)の緩みが膝を曲げた状態で強く認められた上、 スクワット姿勢ではつま先が外を向き、膝が内を向く姿勢が認められました。 この膝の内側への入りが左右へのs