.

インナーマッスルを活性化させるウォーキング


「インナーマッスル」
今、様々なところで注目されていますよね。


インナーマッスルがうまく使えると、

・代謝が良くなったり、
・痩せやすくなったり、
・便秘が解消されたり、
・体温が上昇したり、
・身体が楽に動くようになったり、
・怪我をしにくくなったり、
  など

様々な良い効果があります。




インナーマッスルとは?



インナーマッスルとは、「身体の深いところ(インナー)にある筋肉(マッスル)」のことです。

逆に「身体の表面(外側:アウター)に近いところにある筋肉」「アウターマッスル」と呼びます。


アウターマッスルとは、簡単に言うとボディービルダーが見せる隆々の筋肉のことです。
ウエイトトレーニングなどで鍛えやすい筋肉ですね。

インナーマッスルは、身体の深いところにあるため、表面からは見えにくく動きも感じにくいのですが、その機能はアウターマッスル以上に重要です。


インナーがうまく働いていないと、アウターもうまく使いこなせないのです。


インナーが使えていない状態のままだと、アウター優位となり、
筋肉は凝り固まりやすく、非常に動きにくく、身体への負担も大きい身体になってしまいます。


このインナーマッスルどうすればうまく使えるようになるのでしょうか?




インナーマッスルをうまく使うには?




まずはじめに、
①アウターマッスルに入りすぎた力を抜き、筋肉を緩めていきましょう。

普段から筋肉をフニャフニャに柔らかい状態を保てるようになることを目指します。
そのためにも、「身体が硬くなっているなー」と感じた時には、身体や筋肉を揺らして緩めてあげると効果的です。



そして、
②インナーマッスルがうまく働くための前提として必要な身体の柔軟性・動きを引き出していくことです。

活性化させたいインナーマッスルが沢山ある胴体部分(体幹)と胴体に近い関節の動きが乏しいと、
インナーマッスルを使うエクササイズを実施したとしても効果はその場限りとなってしまいやすくなります。



次に、
③アウターマッスルに頼りすぎている身体の使い方をやめることです。

そのためにも身体に「軸」、「センター」を形成し、様々な場面でその軸をキープ、意識できるようになることが必要です。
(慣れれば意識しなくてもセンターは維持できます。)



そして、
④インナーマッスルが優位に活動している時の身体の使い方を身につけていくことです。

ここで文章化してお伝えすることは難しいのですが、簡単に言うと
「手足の末端ではなく、重心をうまくコントロールしつつ身体の芯からうまく力を引き出す」
といった感じです。


これらができるようになってくると自然とインナーマッスルを優位に使える身体に切り替わっていきます





歩き方一つで筋肉の働きも変わる。




さて、本題のウォーキングとインナーマッスルとの関わりです。

身体の機能を最大限に活かして歩くことができると、
お腹周りを引き締めつつも、骨盤や背骨を大きくひねりながら、しなやかな身体の動きが引き出されていきます。


この背骨のしなやかさを引き出すのもインナーマッスルです。


するとみぞおちから股関節へとつながる大腰筋、骨盤から膝裏へつながるハムストリングスをうまく使って歩くことができるようになり、
「歩く」という動作が効率よく行えるようになる上、動きがダイナミックになっていきます


逆に、身体のひねりが少なく、歩幅も腕の振りも小さい場合は、
背骨や骨盤の柔軟性が乏しいだけではなく、アウターマッスルで体幹を固めてしまっているような状態へ陥りやすくなります。

そうなるとインナーマッスルはうまく機能せず、歩き方も非効率で疲れやすく、様々な痛みを生じさせてしまう場合もあるのです。



カラダ Design Walkingでは、
カラダのしなやかさと、インナーマッスルを活性化させる方法を身につけながら、
歩き方を変えていきます。



そして常にインナーマッスルを活性化させながら歩くことができるようになることで、
アウターマッスルを固まらせず、常に柔らかくしなやかな身体を手に入れることができるようにもなるのです。


歩き方は綺麗になり、疲れにくくなるので、歩くことが楽しくなっていきますよ♪



【カラダ Design Walkingの詳細についてはこちらから】