.

カラダをデザインするウォーキング

「カラダ」 を 「デザイン」 する 「ウォーキング」
〜カラダ Design Walking〜



『ウォーキングを学ぶ』


と考えると、


『正しいウォーキングの方法を知る』


と考えてしまう方が多くおられます。



細かく見ていくと十人十色、千差万別の歩き方



その中に、


「この人の歩き方は正しい」


とか


「この人の歩き方は間違っている」


などというものはありません。



人それぞれの目指すものによって、

「より良く変えていくための方向性」

があるだけです。



カラダ Design Walkingの目指す全体的な方向性は、


・身体への負担が少ない

・楽に軽く動ける

・見た目にも美しい


歩き方です。



この3つ方向性を満たすような内容でエクササイズを実施したり、歩き方を変えたりしていきます。





「身体への負担が少ない」とは?



人体の構造上、関節にとってそれぞれ適切な動きの方向というものがあります。
これは、筋肉や骨だけでなく関節を構成する組織全てへ加わる負担が少ない動きです。

この状態から逸脱するような動きをしてしまうと、
その負担が集中し痛みを引き起こしたり、変形を引き起こしたりしてしまうきっかけとなるのです。

この負担をかけやすい動きから抜け出し、より良い動きを引き出していきます。





「楽に軽く動ける」とは?



歩くときに余計な力を入れずに動くということです。
身体にとって無駄の少ない、効率的で省エネな動きを身につけていきます。

つまり、過度に筋肉に力を入れて歩くのではなく、
必要な部分に必要な瞬間だけ筋肉を働かせ、必要のない場面ではしっかりと力を抜いて休ませてあげる
そんなことが自然と行えるような歩き方です。

そのためにも、歩き方と並行して「身体の軸の感覚」「重心コントロールの方法」を身につけていきます。





「見た目に美しい」とは?



見た目の美しさにもいろいろありますが、

・背筋がすらっと伸びている
・脚が長く見える
・お腹まわりがスッキリしている
・お尻が引き締まっている
・動きがしなやか
・身体が軽そうに見える
 
……など

いろいろありますね。

これらすべてがウォーキングをベースとしたカラダの動きや使い方に関連しています。






ウォーキングを学ぶ目的は人それぞれあっていい



カラダ Design Walkingには、
様々な目的を持った方にお集まりいただきたいと考えています。


・膝の痛みを解消するための手がかりをウォーキングに見出したい
・外反母趾の痛みに悩まされない歩き方を身につけたい
・特徴的と言われる歩き方を改善させたい
・格好良く歩きたい
・疲れにくく歩きたい
・長い距離を歩きたい
・ウォーキングを山登りに活かしたい
・歩くと腰が痛いのを少しでも解消させたい
・背中が丸くなって歩くのを治したい
    ……など


人それぞれ様々な悩みがあり、その悩みを解消した先には希望があります。

その悩みと希望をカラダ Design Walkingに持って来ていただきたいのです。






「カラダ」 を 「デザイン」 する 「ウォーキング」



それぞれの方の目的に見合った方向性で

「ウォーキングをデザインしていく」


そして、そのように「デザインされたウォーキングが、カラダをデザインしていく」



ただ単に、 カラダ Design Lab. が行うから
カラダ Design Walkingというネーミングになったわけではありませんw



そこには、
ウォーキングを通してカラダを変えていく、デザインしていくという明確な意図
を載せています。



是非一緒に
「カラダを変えることでウォーキングを変え、
ウォーキングを変えることでカラダを変えていきましょう!」



そして、そのようにデザインされたカラダで、
自信に満ち溢れた、快適に過ごせる毎日を手に入れていただけること
を願っています。



【カラダ Design Walkingの詳細についてはこちらから】