走り方を変えて、速く走れるようになろう!<実例紹介>

体操の競技能力を高めるための身体づくり、動きづくりを実施している中でも、今回は、
「走るときの意識の持ち方」「走るのに必要な身体の使い方」
を身につけることで、どのような変化が起こったのかをお伝えしていきたいと思います♪

「身体」と「動き」の劇的な変化を感じるサッカートレーニング

2017年4月12日 カテゴリー:サッカー

「身体」と「動き」が変わるようにトレーニングを組み立てるための考え方とその方法を実例をもとにご紹介します。ただの筋トレではないので、パフォーマンスがしっかりと高まりますよ。

新体操の技を極める!
 「できない」を「できる」に変える3つの必須プロセス

どうしてもできるようになりたい技がある。しかし何度練習しても同じ指摘ばかりで改善されない。先生からも「なぜできないのか?」に目を向けられることは少なく、「こうしなさい」と外見的な形について指導される場面が多い。「じゃあどうすればいいのか?」という疑問に対して答えが見つけられない…その解を見いだす方法をお伝えします。

「肩が硬い」は本当に肩だけの問題なのか?

「肩が硬い!」と言われ、肩のストレッチを続けているにもかかわらず、競技動作での動きが一向に柔らかくなる気配がない。その硬さ、肩ではなく、背骨にあるのかもしれません。なぜ肩の動きと連動して背骨の動きが重要なのかを考えてみましょう。