【新体操】バックルを習得する上で考えないといけないこととは?

それは手足末端ではなく、骨盤を中心に据えて動きの引き出し方を考えるということ。骨盤から分岐する 1.支え脚、2.振り上げ脚、3.背骨に分けるとそれぞれに必要な機能が分かりやすく、骨盤を中心にこの3つの部分の動きを適切に引き出せるとそれだけでも手・脚が長く、大きく動かせるようになるのです。

【バレエ】アン・オー(En haut)の質を高める身体操作トレーニング

アンオー(En haut)の動きがうまくできずに、肩が上がってしまう…手の上げ方がぎこちない…先生に指摘されるけれどもどう修正していいのか分からない…という方は必見!どのような運動を通してアンオーの腕づかいを身につけていけばいいのか一緒に考えてみましょう!

甲出し に必要なものとは?【新体操】

新体操、バレエなどで足を美しく動かすために求められる足の甲を出すような動き。甲がうまく引き出せない原因が様々であるように、 甲を出すためのコツも様々。1つの方法ばかりに固執しすぎずに、原因をしっかりと見極め、柔軟に対応していきましょう。

Y字バランスの安定性を高める!【新体操】

Y字バランスの安定性を高めるために必須となる股関節周辺の柔軟性と体幹機能。これらを上手く引き出すことができるとその場で主観的にも客観的にも動きが良くなります。

パンシェの姿勢・動きを改善させる!!【新体操】

柔軟性はあるのに使いこなせない…という状態から、パンシェの動き、ポジションが綺麗にとれるようになるためには、どのような能力が必要なのか。多くの選手で抜け落ち易い部分はココです。

頭を下げたら、脚が上がる?

バレエや新体操のレッスンでタイトルのような指導を受け、 「なんのこっちゃ?」と何をどうしたらいいのか分からなくなってしまっていませんか?あらゆる指導言語がどのような動きを指しているのかを、細かな運動構造に分解し、それを獲得するために必要なトレーニングの方法、身体の使い方を一緒に実践していきましょう!

パンシェが開かない原因は?

前後開脚で180°以上の柔軟性があるのに、パンシェの動きとなると180°以上開かない原因は何なのか。 今回問題点として上がってきたのは『足趾』の使い方でした。

柔軟性は若さだけが頼りなのか?

年齢を重ねるにつれて柔軟性は低下するとよく言われる。全体ではそのような傾向があるかもしれないが、個人にそれを当てはめてしまっては先へ進めない。柔軟性がどのような要素で規定されており、個人で見た場合、その要素のなかで、何が最も柔軟性を阻害する要因となっているのかの見極めが必要です。

T字バランスをトレーニングとして取り入れてみよう!

バレエや新体操で演技の一つとしても用いられる『T字バランス』。このT字バランスを用いて、その他の演技のポーズの美しさにもつながるようなトレーニング方法をご紹介します。完成形の見た目ばかりにとらわれずに、必要な要素をしっかりと獲得した上で、表現形を作っていきましょう!

Dig(ディッグ):母趾球、股関節、上半身までの動きの連動性を高めるトレーニング

Dig(ディッグ)と名付けた、母趾球、股関節を中心に上半身までの動きの連動性を高めるためのトレーニング。外反母趾 や、O脚、 変形性膝関節症 など、歩き方の崩れを修正するのにも効果的です。