足関節脱臼骨折(三果骨折)の術後後遺症:今までで一番軽く歩ける! 

2018年1月20日 カテゴリー:足関節脱臼骨折,<手術>

足関節脱臼骨折(三果骨折)術後の後遺症にお悩みの方に対して、歩き方を変えて痛みを改善させた取り組みをご紹介します。

「診療ガイドラインでは見えないもの」を見るために。

2016年11月18日 カテゴリー:外反母趾・内反小趾,<手術>

「病院では細かく全身を見ることができない」という限界を知り、外反母趾にも代表されるような「『慢性痛』を医療機関のみで治す」ということの難しさを是非知ってください。保険診療では捉えきれない部分を捉えるために、カラダ Design Lab.は生まれました。

腰痛への手術を生かすも殺すも全ては「姿勢・身体の使い方」次第。

今回は、・手術をすることによって身体にどのような変化が起こるのか?・手術の限界性と、手術を生かすも殺すも
全ては「姿勢」と「身体の使い方」次第であること・手術のいらないカラダを手に入れるために必要なことについて一緒に考えてみましょう!

筋トレで腰痛が改善されるという幻想

腰痛を改善させていく上でどのような取り組みによって、どのような状態を作り上げていく必要があるのか?を一緒に考えてみましょう!ただ腹筋・背筋鍛えればいいわけではありません。腰痛を解消させるために必要な柔軟性と、適切な筋トレの考え方をご紹介します。

腰痛を引き起こす「姿勢」と「腰に加わる力学的負荷」

今回の記事では姿勢がどのように腰痛に関わるのかを考えていきます。整形外科領域で生じる病態は、
「身体に加わる物理的な外力」と「身体内部の組織による応力」でほぼ説明がつきます。物理的な力が「一点に集中」すると、組織の破壊につながりますが、物理的な力は、姿勢と身体の使い方でいくらでも分散させられること知ってください。

ヘルニア、ぎっくり腰、脊柱管狭窄症による腰痛と力学的負荷の理解

今回は腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰(急性腰痛)、脊柱管狭窄症について、その原因を力学的な負荷から一緒に考えていきましょう。なんでもかんでも「歳のせい」と決めつけてしまわないで、その原因をはっきりと認識することが大切。原因がしっかりと分かれば、「未然に発症を予防」もしくは「悪化を予防」することが可能なのです!

腰椎分離症、すべり症、椎間関節症による腰痛と力学的負荷の理解

腰に生じる様々な整形外科疾患の中でも、「腰椎分離症」と「腰椎すべり症」、「椎間関節症」を挙げ、なぜそのような病態に陥るのか、その原因を力学的な負荷から一緒に考えながら、それぞれがつながっていることを学んでいきましょう!

腰への手術が必要となる前に、腰痛のない健やかな身体をあなたへ

腰の手術を迫られているけど、できれば手術はしたくない…
手術はしたくないけども、この痛みや痺れは解消させたい…
手術が必要と言われる前にこの腰を良くしたい…
このような悩みはありませんか?手術を回避し、痛みのない健やかな腰を手に入れるために必要な「知識」と「考え方」、
そして「何をすればよいか」を一緒に考えましょう!

キズの癒着⑤:瘢痕化した組織では何が起こっているのか?

2016年9月15日 カテゴリー:癒着,<手術>

今回は、癒着と同時に生じる瘢痕組織についてまとめています。瘢痕組織はどのような状態でできあがってしまうのか?瘢痕組織ができると何が良くないのか?についてお伝えしながら長期間経過した強固な癒着・瘢痕組織へのアプローチの考え方をお伝えします。

キズの癒着④:実際の動きから癒着を考える。

2016年9月8日 カテゴリー:癒着,足関節脱臼骨折,<手術>

脛骨の螺旋(らせん)骨折を受傷後、手術して10年が経過された方にお越しいただきました。
一番の悩みは、歩いているときにつま先に体重が載ったタイミングで膝が内側へ入ってしまう、つま先に体重が載ると親指が地面に押し付けられる
、足の親指だけ自由に動かない
でした。どのようなことが足に起こっているのでしょうか?