腰痛への手術を生かすも殺すも全ては「姿勢・身体の使い方」次第。

今回は、・手術をすることによって身体にどのような変化が起こるのか?・手術の限界性と、手術を生かすも殺すも
全ては「姿勢」と「身体の使い方」次第であること・手術のいらないカラダを手に入れるために必要なことについて一緒に考えてみましょう!

筋トレで腰痛が改善されるという幻想

腰痛を改善させていく上でどのような取り組みによって、どのような状態を作り上げていく必要があるのか?を一緒に考えてみましょう!ただ腹筋・背筋鍛えればいいわけではありません。腰痛を解消させるために必要な柔軟性と、適切な筋トレの考え方をご紹介します。

腰痛を引き起こす「姿勢」と「腰に加わる力学的負荷」

今回の記事では姿勢がどのように腰痛に関わるのかを考えていきます。整形外科領域で生じる病態は、
「身体に加わる物理的な外力」と「身体内部の組織による応力」でほぼ説明がつきます。物理的な力が「一点に集中」すると、組織の破壊につながりますが、物理的な力は、姿勢と身体の使い方でいくらでも分散させられること知ってください。

ヘルニア、ぎっくり腰、脊柱管狭窄症による腰痛と力学的負荷の理解

今回は腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰(急性腰痛)、脊柱管狭窄症について、その原因を力学的な負荷から一緒に考えていきましょう。なんでもかんでも「歳のせい」と決めつけてしまわないで、その原因をはっきりと認識することが大切。原因がしっかりと分かれば、「未然に発症を予防」もしくは「悪化を予防」することが可能なのです!

腰椎分離症、すべり症、椎間関節症による腰痛と力学的負荷の理解

腰に生じる様々な整形外科疾患の中でも、「腰椎分離症」と「腰椎すべり症」、「椎間関節症」を挙げ、なぜそのような病態に陥るのか、その原因を力学的な負荷から一緒に考えながら、それぞれがつながっていることを学んでいきましょう!

腰への手術が必要となる前に、腰痛のない健やかな身体をあなたへ

腰の手術を迫られているけど、できれば手術はしたくない…
手術はしたくないけども、この痛みや痺れは解消させたい…
手術が必要と言われる前にこの腰を良くしたい…
このような悩みはありませんか?手術を回避し、痛みのない健やかな腰を手に入れるために必要な「知識」と「考え方」、
そして「何をすればよいか」を一緒に考えましょう!