スポーツをしている人にとっては、一番身近な怪我となる『捻挫』


「痛みはあるけれど、動けないことはない」ということで無理してスポーツを続行していませんか?

また、捻挫を何度も繰り返し癖になってしまって困っていませんか?


このページの内容を要約すると、


ーーー
『靭帯に負担をかけすぎる動きを繰り返している』

『靭帯に負担をかけない動きを身につければ良い』
ーーー


つまり、

「靭帯に負担をかけない動きを、トレーニングを通して身につけることで改善させられる」


に尽きるのですが、なぜそう結論づけられるのか、これだけではなかなか「?」→「!」にはならないと思うので、順を追って説明していきますね。



捻挫とは何がどうなるのか?



捻挫により損傷されるのは靱帯ですよね。


靭帯がもつ機能として、

①骨と骨をつなぐ
②関節の動く方向を規定する
③関節の機能を超えた過剰な動きを抑制する


の3つが挙げられます。


①『骨と骨をつなぐ』



これについてはそのまま文字通り。


②『関節の動く方向を規定する』



骨と骨がつながる部分が関節ですが、関節にはその構造によって動きやすい方向が決まっています(部位によって関節の形状が大きく異なります)。この骨と関節の構造に基づいて、「この方向に動くのがこの関節の役割だよ」と『案内役』を靭帯が果たしています


③『関節の機能を超えた過剰な動きを抑制する』



②の案内役としての役割と同時にその動きから逸脱しないために靭帯が大きく働いています。
「これ以上動いたらダメだ」と『防御線』を張っているのです。
その防御線の許容範囲を超えて関節を動かしすぎたもの、負担をかけすぎたものが『捻挫』です。



捻挫とは本来の関節の運動方向とは異なる方向へ、急激な強い負荷が加わることにより、
靭帯の許容限度を超えて伸張されることよって、靭帯の線維が断裂した状態をいいます。

ヒモが部分的にちぎれた状態を想像していただけるとわかりやすいかと思いますが、ヒモをその幅の半分程度ハサミで切るとその分ヒモが長く弱くなりますよね。これが損傷後の靭帯の状態です。

(断裂にも完全に断裂して靭帯としての機能を失う状態から、部分的に断裂する状態まで様々です。負担があまりにも強いと骨折を伴う場合もあります。)



なぜ捻挫は癖になる? その本当の理由とは?



基本的に靭帯は捻挫によって一度伸びてしまうと、
捻挫をする前の元の正常な状態には戻りません!



「捻挫が治癒する=靭帯が元通り正常な状態に戻る」ではなく、断裂と同時に出血など炎症反応が起こったものが、単に沈静化した状態だとお考えください。

一度靭帯を損傷してしまうと「靱帯が伸びる」とよく表現されるように関節は緩くなりやすく、損傷したときと同様の動きに対して、靭帯が関節の動きを止めようとする働きも弱まるのです。


しかし損傷された靱帯そのものの特性だけが、癖になる理由ではありません。


2度目以降も捻挫を繰り返してしまう場合には、
そもそも損傷した靭帯に負担をかけてしまうような動作・カラダの使い方を繰り返している可能性が非常に高いのです。



先ほど靭帯には案内役と防御線の役割があるとお伝えしましたが、
この靭帯の案内を無視し続け、防御線を強行突破しながらも何とか動き続けようとしているのが、「捻挫が癖になっている」状態です。

つまり、「繰り返す捻挫は起こるべくして起こっている」ということ。


靭帯に負担をかけるような身体の使い方、すなわち動きそのものを変えていかなくてはこれから先も「捻挫を何度も繰り返す」羽目になるのです。




ーーー
関節の構造と靭帯の役割にのっとった動きが、
捻挫の少ない選手はできている可能性が高い。

捻挫の多い選手は、
関節の構造と靭帯の役割から逸脱した動きをしやすい。
ーーー





捻挫を再発させない身体を手に入れるための取り組み



まずどのような状況で受傷したのか、どの靭帯を損傷し痛みが出現しているのかを詳細に確認していきます。

痛みの状況と部位が確認できれば、靭帯に負担をかけないために、怪我からの期間と足の状態に応じてテーピングを使用することもあります。

※カラダ Design Lab.ではサポーターやテーピングは応急処置的なものであって、いつまでも継続的に利用すべきものではないと考えています。

(テーピング施行例)



全身のあらゆる関節で捻挫を引き起こす可能性がありますが、
今回はスポーツで最も起こしやすい足首の捻挫を例に挙げてその対処法を考えてみましょう



靭帯に負担をかけないために何をすべきか?



足首の関節(足関節)の構造としては、メインの動きはつま先を上げ下げする方向の動きです。
くるぶしに対して足裏を内・外に向ける動きがないわけではないですが、その範囲はつま先の上げ下げの動きに比べると非常に小さく抑えられています。

足裏が外側を向きすぎるのを止めているのが内くるぶし周辺にある靭帯、足裏が内側を向きすぎるのを止めているのが外くるぶし周辺にある靭帯です。


外側のくるぶし周辺にある靭帯を痛めてしまっている方では、競技動作の中で足首の関節に対して足裏が内を向きすぎる動作をしているというのは容易に想像できます。


トレーニングを通して変えていかないといけないのはこの動きです。


足首の靭帯にかかる負担を抑えているのは、足首周りの筋肉だけではありません。
股関節周辺から上半身まで全身の動きを通して負担を抑えた動きを引き出すことが必要です。


足首の靭帯に負担をかけないために、
①靭帯にかかる負担を足首以外の関節の動きを利用して「逃がす」ために、「身体操作能力」を高めるトレーニングが必要。

この身体操作を引き出すために、
②「筋力」が足りていない部分については「筋トレ」が必要。
③関節の柔軟性が足りていない部分については、「ストレッチ」も必要。



この3つ以外にも身体の状態に応じて取り組むべきことは多々ありますが、まずこの大枠を理解しましょう。



そしてこれらをトレーニングを通して身につけられると、
怪我をしにくくなるだけではなく、同時に競技のパフォーマンスを高められるというメリット
もあります。


これらが「トレーニングを通して良くなる方法がある」とカラダ Design Lab.がお伝えする理由です。


是非一緒に繰り返す捻挫を克服し、心置きなくプレーできるカラダを手に入れましょう!




捻挫の完治のタイミングはどこでわかるの?



捻挫をした直後から1週間程度はしっかりと固定をして安静にしておいたほうが良いでしょう。


捻挫によって損傷された組織が修復にかかる時間はおよそ2~3週間と言われています。

その間は傷めた部分に痛みが生じるような動作はしないようにしましょう。

靭帯が十分に修復されないと、その靭帯は伸びたままもしくは断裂したままとなってしまいます。
(一度緩んだ靭帯を完全に元に戻すのは非常に困難かとは思いますが、重症化させないことが大切です。そのためにもギプスやサポーター、テーピングは有効活用しましょう。)


この靱帯の治癒と並行して、身体の不適切な使い方が修正された上で、
運動後にも痛みや腫れ、発赤などの症状がなくなり、
競技に必要なあらゆる動作を行なっても痛みや違和感が出現しなくなって初めて、
カラダ Design Lab.の考える完治です。

新店舗住所:滋賀県大津市大萱1丁目9−8 S' space 5階