カラダ Design Lab. for sports
スポーツでの痛み・怪我を克服!

慢性的な痛みは、身体をうまく使いこなせていないことが大きな原因!



オスグット病や、シンスプリント、ジャンパー膝、ランナー膝、野球肘、テニス肘(その他多数)は、スポーツをされている方であれば何かしら耳にしたことがあるような病名ですよね。

これらは身体の一部分に、長期間強い負担が加わり続けることによって生じる身体の傷害です。


これらの慢性傷害は、
「あるきっかけから急に痛み出す」ことは少なく、
違和感から始まり「いつの間にか少しずつ痛み始め」
しかも「なかなか痛みが取れない」のが特徴です。

そして、局所的な問題点を改善させるだけでは根治に至らないことが非常に多く、その場だけで痛みが改善されても再発しやすいのです。


そもそも負担をかけすぎている状態、つまり負担のかかる身体の使い方(癖や身体の硬さなどを含めて)を変えていかなくては再発が防ぎきれないのです。


【参考にしたい記事】
怪我からスムーズにスポーツ復帰するために。怪我を再発させないために。





ハイパフォーマンスの前提となるカラダの状態



カラダに負担の少ない効率的な身体の使い方は、
怪我を予防するだけではなく、パフォーマンスを高めてくれます。




効率の良い身体の使い方を手に入れるためには、



「・全身の無駄な力が抜けており、
 ・全身の柔軟性が高く、
 ・ハイパフォーマンスに重要なインナーマッスルが活性化されている

」


このようなカラダを常に保てる状態を作り上げることが大前提です。



自分で自分の身体の状態を捉えることの大切さ



全身の筋肉の状態としては、触れるとふにゃふにゃに柔らかく力を発揮したいときにはしっかりと硬くなる筋肉が理想です。

カラダが凝り固まっている状態、つまり力を入れてもいないのに筋肉が硬く感じられる状態はパフォーマンスを低下させやすく筋肉を損傷させてしまう病態(肉離れや筋断裂など)や、怪我の大きな原因になります。


カチコチに固まった筋肉はただストレッチをしているだけではなかなか柔らかくはならず、ストレッチをする前に筋肉を「緩める」という作業が重要になるのです。


【参考にしたい記事】
筋肉をケアしていく上での考え方
パフォーマンスアップへ向けた基本的な考え方 for Athlete etc.




トレーニングを行う上での重要なポイント



無闇やたらと反復練習やウェイトトレーニングを行なっていると、上記のような身体の前提が崩れていきます。

そうならないように身体の機能を維持しつつ、

問題意識(なぜ現状のままでは良くないのか?)

・目的意識(なぜその練習に取り組む必要があるのか?どのような状態を目指すのか?)

・身体意識(練習に取り組む際にどのような意識を身体に持てばいいのか?)

身体感覚(どのような感覚を知覚し動作の中で再現していけばいいのか?)

などを考えながら様々な練習、トレーニングに取り組んでいきます。


カラダ Design Lab.で行うトレーニングは、このように

「なぜその運動を行う必要があるのか?」

を十分に理解した上で取り組んでいただいております。



そして、
現状の動きと理想とする動きのギャップを埋めていくのです。



【参考にしたい記事】
パフォーマンスアップへ向けた基本的な考え方



ハイパフォーマンスな身体を持続的に保つ為の当院の取り組み





カラダ Design Lab.ではカチコチに固まった筋肉があれば、その筋肉を緩め柔らかい状態を作ります。
そして関節の動きに制限を認める部位にはストレッチを行い全身の柔軟性を高めていきます。



筋肉が緩み、関節の柔軟性が高まったこの2つの状態を作った上で姿勢・カラダの使い方を変えていく段階に入ります。



スポーツへのカラダづくりの第一歩。

効率よく身体を動かせるようになるには力の抜けた姿勢・動きを作るところが最初の第一歩です。

同時に、効率よくカラダが使えるように身体の動かし方カラダを動かす時の意識の置き方などもお伝えしていきます。

それが出来るようになるに従って、それぞれの競技特性と身体の状態に応じて様々なトレーニング方法を提案させていただきます。
ここからは難易度を高めながら、より高度な動きの中でもハイパフォーマンスな状態を維持できる身体へと作り上げていきます。


またご自宅へ帰られてからも自分自身でコンディショニング・トレーニングが行えるように、セルフエクササイズの方法もしっかりとお伝えしております。

自主トレーニング表をオーダメイドでお作りすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。




予約方法については、下記の画像をクリックしてください。






今すぐ自分で診断!
  正しいカラダの使い方ができているかセルフチェック!




スクワット編



まず、スクワットをするときの姿勢で考えてみましょう。

様々なスポーツにおける構えの基本姿勢にもなるものですが、このときに正面から見たときにつま先が外を向いている、もしくはつま先よりも膝(ひざ)が内に向いている状態では地面からの反力(床反力)を効率的に脚→体幹→全身へ伝えられません

それだけではなく膝が内を向いた姿勢は、膝の靭帯(内側側副靭帯[MCL]、前十字靭帯[ACL])などを痛めやすくなります

このACLを損傷してしまうと手術が必要となることが多く、怪我によるスポーツの離脱から復帰までに半年以上を要します。特にジャンプから着地したときや左右にステップするときなどに靭帯損傷を引き起こしやすくなるので注意が必要です。このような方は、つま先や足指、股関節がうまく使えていないことがほとんどです。



片脚立ち編



足首から骨盤、頭頂までが一直線上にあり、骨盤・両肩のラインが水平を保持できているでしょうか?

土踏まずが潰れて脛(すね)の骨が内に傾いてしまうことで、膝が内に入ってしまっていたり、骨盤が左右傾いていたり、両肩のどちらかが下がっていたりしていませんか?

綺麗な片脚立ちをとることは、動作時の「身体の軸」を作っていくためにも必要であり、あらゆる身体動作の土台にもなります。




こういったカラダを作り上げていくベースとして、軸の意識丹田の意識なども作り上げていく必要があります。

【参考にしたい記事】
「軸」をつくるということ。
古武術における身体操法




日頃から行えるセルフストレッチの考え方



スポーツを行う直前の入念な静的ストレッチ(筋肉を伸ばした状態で20秒程度保持するストレッチ)は、その後のパフォーマンスを低下させてしまいますのでやめておきましょう。
スポーツを行う前には身体や筋肉を揺すったりしながら、筋肉を緩めておいた上で動的ストレッチ(軽く反動をつけたストレッチ)を行いましょう

練習の終了後にも筋肉はしっかりと緩めておき、練習後や夜間に静的ストレッチを入念に行なって柔軟性の維持・改善に努めましょう。
入浴後などは気分もリラックスし身体も温まっているので、筋肉を伸ばしやすい時間帯になります。

また翌朝に疲れが残っている場合などでも、時間があれば朝から筋肉を緩めておくとその日1日身体が軽くなりますよ。