O脚は『あなたの立ち方・歩き方の癖』によってできあがる。

2019年8月15日 カテゴリー:トレーニング動画,変形性膝関節症

今回の記事では、O脚、変形性膝関節症における膝のlateral thrust(外方動揺)に対して、tandem gait(継ぎ足歩行)を運動処方する意味を考えてみましょう。内容は少しセラピスト向けです。

ストレッチで身体は柔らかくなっていますか??

「やればやるだけ体が柔らかくなる」。そんな、しっかりと効果のあるストレッチに取り組むためには、コツがあります。その4つのコツとは…

頭を下げたら、脚が上がる?

バレエや新体操のレッスンでタイトルのような指導を受け、 「なんのこっちゃ?」と何をどうしたらいいのか分からなくなってしまっていませんか?あらゆる指導言語がどのような動きを指しているのかを、細かな運動構造に分解し、それを獲得するために必要なトレーニングの方法、身体の使い方を一緒に実践していきましょう!

サッカークリニック 身体操作講座

2019年7月23日 カテゴリー:JARTA,サッカー

カラダ Design Lab.代表が所属しているJARTAという組織。その代表である中野崇氏がサッカークリニック内で連載している身体操作講座をご紹介します。

パンシェが開かない原因は?

前後開脚で180°以上の柔軟性があるのに、パンシェの動きとなると180°以上開かない原因は何なのか。 今回問題点として上がってきたのは『足趾』の使い方でした。

身体の使い方が変わるヨガ

2019年7月21日 カテゴリー:A-yoga

カラダ Design Lab.で開催しているヨガ教室では、自分自身の身体への感覚を高めながら、動きそのものの質を変えていくことができるます。ポーズを取るための動きをどのように引き出していったのか、その質にこだわっていますので、ヨガをしているとき以外でもその効果を感じられますよ。

捻挫しないための動きを引き出すテーピング

2019年7月19日 カテゴリー:テーピング,ハンドボール,捻挫,<スポーツ>

テーピングは固定するだけが能じゃない。筋収縮や動きを誘導することだってできる。固定して動きをただ抑制するよりも、適切な動きを引き出してあげたほうが再発のリスクは減るのではないだろうか?

捻挫しない身体づかいを身につけるために。

足首の捻挫を何度も何度も繰り返して癖になり手術まで勧められた、国体にも選出されているハンドボール選手。足首の捻挫を引き起こさないために必要な動きとはどのようなものか、今回は股関節と前足部(つま先)との連動性についてお伝えします。

カラダと動きづくり教室 〜スポーツストレッチ編〜

2019年7月15日 カテゴリー:カラダと動きづくり教室,<スポーツ>

今回はスポーツにおけるストレッチがテーマだったので、普段から身体を動かせていない方には少しきつめの内容だったかと思いますが、 その分いかに普段から身体をうまく使いこなせていないかを感じられましたね。

骨盤から重心位置を整えるだけで反り腰・反張膝は大きく変わる

女性に多い、膝が逆方向に『く』の字に曲がってしまいやすい反張膝。骨盤位置と傾きを適切に保ちながら、重心位置を整えると、 反り腰だけでなく、O脚、反張膝も修正することができますよ。